遺産相続で不安な場合は弁護士に相談を

相続人同士の仲が悪いと、遺産をめぐり争いが起こる可能性があります。亡くなる人も自分の死後に争いが起きる可能性があると思うと気が気でないでしょう。相続人同士の争いも事前に回避できるに越したことはありません。遺産をめぐる争いを回避するためには、遺言書が有効です。

遺言書であれば、法定相続に優先するので、亡くなる人が遺産を自分の好きなように配分できます。あらかじめ遺産分割の指定をしておけば、相続人同士がもめることもありません。たとえば、同居している長男に自宅を分け与え、次男に預金や株式を承継させる旨の遺言書を作成しておけば、長男が遺産分割で住んでいる家を処分しなくて済むのです。もっとも、遺言書にもルールがあります。

正しい法律の知識をもって作成しなければなりません。遺言書について書かれた本もたくさん販売されているので、それを参考に自分で作成することもできますが、弁護士に相談するのが安心です。というのは、遺言書の書式については、本を読めばすぐに理解できるかもしれませんが、遺言内容については素人が理解するには大変だからです。たとえば、先の例で言えば、次男の預金や株式が遺留分を考慮したものでなければ、やはり争いは避けられないものとなるからです。

次男が長男に遺留分減殺請求を行使すれば、長男は自宅を手放すことになるかもしれません。弁護士であれば、遺留分に配慮した遺言書作成のアドバイスをしてくれるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です