相続でもめたら弁護士に相談をしよう

兄弟や姉妹がたくさんいる場合には、相続の際に揉め事が起きてしまうケースが多い傾向にあります。民法において、誰がどのくらいの財産を想像するのかということがきちんと規定されていますが、財産は現金以外にもあるためです。土地や建物などを所有している人もいれば、高級家具や宝石などの貴金属を持っている人もいます。そういった財産をどのように分けるのかということで、揉めてしまうケースが多いのです。

また、生前に経済的な援助をしてもらったというような事情がある場合でも、同じ量の財産を相続するのでは不公平だということで、揉めてしまう例があります。民法では特別受益者負担などの規定が盛り込まれていますが、その証明が難しいため、口論になることもあります。人によっては、援助を受けた場合でも、受けていないと主張するケースがあるためです。そこで、弁護士に相談をするという方法を採るのが望ましいです。

弁護士は相続に関する専門的な知識があるため、揉めた際にどのように対処すればいいのか、適切にアドバイスや助言をしてくれます。また、法的な手続きが必要になるケースにおいては、手続きの代行もやってくれます。財産は使ってしまうことで、取り戻せなくなるケースもあるため、出来るだけ早い段階で弁護士に相談をすることが望ましいです。一度他人の手に渡ってしまった財産を取り戻すのは、手続きの面でかなり煩雑になり、取り戻せなくなるケースもあるためです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です