明確に分けられない不動産の相続と弁護士への相談

亡くなった人から相続によって受け取ることになる遺産のなかでも、自宅の建物や土地といった不動産は割と多いものですが、不動産には特有の問題点というものがあります。相続人が複数存在している場合には、それぞれの相続分にしたがって遺産を分けることになりますが、現金や預貯金であればともかく、不動産のようなものは、明確に現物を分けるというのが難しいものです。こうした場合にはいくつかの方法がありますので、法律問題のプロである弁護士のような国家資格をもつ専門家に相談をして、それぞれの事情にあった方法を選択するのがよいといえます。たとえば、あえて分割をせずに、不動産を共有の財産としておくという方法があります。

この場合、将来的に売却などをするシーンになって、すべての相続人からの承諾を取り付けなければならないため、手続き的にもめんどうであるといえます。また、現物を分割する方法として、土地であれば分筆をするというのも有効です。これは現地に境界杭を打ち込んで、法務局に登記をして、ひとつの土地を複数に分けるというものです。ただし、土地は道路に面しているかどうか、奥行きと間口のバランスがとれているか、傾斜があるかどうかなどのささいな点で、価値が変わってしまうため、単純に面積で等分すればよいというものではありませんし、あまりにもひとつずつの面積が小さくなってしまうと、家を建てるなどして利用する場合に使い勝手が悪いものです。

さらに、いったん不動産を売却してしまい、金銭に交換した上で、それを全員で分けるという方法もあります。この場合は端数まで明確になってよいのですが、もしも土地の上に自宅があって、人が住んでいるという場合には、売却することは通常困難です。広島で相続のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です