遺産相続と生命保険の受け取り

遺産相続の際に相続する財産よりも借金が多い場合は借金の返済を相続しなくて済むために相続放棄という選択が出てきます。この相続放棄はほかの相続人たちに、ただ口頭で伝えるだけではだめで家庭裁判所に相続放棄申述書を提出し、それが認められた相続放棄申述受理証明書が交付されることではじめて法的効力が発生します。そして、生命保険に加入している場合、被保険者が亡くなったあとに受け取るお金なので遺産相続の対象となる財産ではなく、受取人の財産という扱いです。そのため、相続放棄をした場合でも、生命保険の受取人になっている場合は保険金を受け取ることができます。

ただし、課税の対象にはなるので注意が必要です。また、入院保険など医療保険に関しては亡くなった人にたいして支払われるものなので遺産となり相続の対象となります。要するに保険金の受取人が誰になるのかというところが遺産相続の対象かそうでないかを判断するポイントです。借金があった場合でも財産目録を作成していくうちにプラスに転じることもありますので、短期間の中で冷静に判断していくことになります。

相続放棄の手続きは一度認められると原則、取り消しがきかないので、まずは財産目録の作成をおこない、慎重に手続きをすすめていくことが大事です。また、生命保険の受取人になっていることで、配偶者の場合はそうもめることはないですが、兄弟のうち1人だけが受取人で、財産についても遺言がないとなるともめる原因になるので、生前からよく家族会議をしておくことが重要になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です