遺産相続で裁判にいたるまで

遺産相続でもめるといきなり裁判になるかというとそうではありません。遺産相続は大まかに遺産相続人の確定、相続財産の範囲の確定、そして分割という具合に進むのが通常です。まず、遺言書が作成してある場合にはその内容にしたがって遺産が分割されることになります。もし、ない場合には法廷遺産相続人全員で話し合いをして分け方を決める遺産分割協議がひらかれます。

この協議がうまく進まずに話がまとまらなかった場合に家庭裁判所に調停を申し立てれば、遺産分割調停をおこなうことになるのです。この調停は家庭裁判所の調停委員が道筋を作り話し合いをしてみんなの合意を得ていくという作業で裁判ではありません。この調停においても決められなかった場合に家庭裁判所の審判をあおぐ裁判となり、裁判官が調査や証拠を検討して分割の内容を決定するものです。これを遺産分割審判といいますが、法的な効力があるので相続人は決定に従わなくてはなりません。

ですが、裁判で解決しても兄弟同士のわだかまりが残ってしまうことがほとんどです。親の立場からずれば、子供たちがもめる原因にならないように生前に遺言書を作成しておくことが大事になります。子供としても親が生きているうちに、後にもめないように遺言書は作成しておいてほしいと伝えることが大事になります。特に父親が亡くなった後に母親が遺言書を作成していないパターンは多いものです。

母親が亡くなるときには現金がほとんど残っていないことも多いですが、相続する遺産が少ないほどもめやすくなっていますのでどんなに少なくても遺言書を作成することが重要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です