相続でトラブルが起きそうなときは事前に弁護士へ

亡くなった父親の財産を相続したいのですが、誰が何を受け継ぐかでトラブルが起こりそうで、その点が心配です。そのような場合は弁護士や司法書士に相談することをお勧めします。この場合はまず、事務所に連絡を入れて予約を取り、その当日には、時間に遅れないようにして事務所に到着するようにしましょう。弁護士の場合は30分につき5400円の相談料がかかりますが、最近では受け取らない事務所、相談料なしで話を聞いてもらえる事務所も増えています。

元々相続は利害関係が絡みやすいため、トラブルも発生しやすいので、弁護士や司法書士の介入により、調停や審判を引き受けてもらった方が、よりスムーズにことが運ぶことがあります。また、財産を受け継ぐ場合、借金がある場合はその分をも受け継ぐことになります。しかし場合によっては、借金があまり多くて、財産を相続する意味がない時などもありますので、このような場合は、相続放棄や限定承認といって、相続の拒否、あるいは一部のみの承認を行うことができます。こういうのももちろん、弁護士や司法書士に依頼することになります。

費用は事務所によって異なりますので、相談の時によく聞いておきましょう。また、財産を遺す立場の方も、あらかじめ弁護士や司法書士に相談して、法的に有効な遺言状を作っておくといいでしょう。この場合、ある程度内容を自分の希望に沿って調整することが可能です。もし遺言状を遺さない場合は、民法の規定する範囲内で財産が家族や親族に継承されることになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です