弁護士さんの支援のもと、遺産相続の手続きを

血縁関係にある家族や親戚の方々と、わざわざ揉め事を起こしたいと考える人はいません。特に毎日顔を合わせる両親や祖父母、身近な場所で暮らす親類の方々とは仲良く過ごしたいものです。ただし、血縁関係にある年長者が亡くなった場合、自ずと遺産相続手続きが発生します。TVドラマのような骨肉の争いに発展する恐れは稀有ですが、いわゆる地主や大富豪ではない、一般の家庭でも遺産相続の方法を巡って、親族間の対立が生まれる事が多々あるのです。

「彼らのやり方が良くない、我々の家では代々の決め方がある」等と感情的な口論になれば、相続が原因で親族間の仲に深刻な傷が入りますので、出来れば手続きに着手する前に街の弁護士さんに相談しましょう。故人が残した遺産を客観的な視点から、法的知識に基いて分割出来るのは弁護士さんだけです。弁護士さんは何も裁判の法廷だけで活躍するお仕事ではなく、街の弁護士事務所の方々はむしろ、私達庶民が抱える身近な問題に対応してくれる人々なのです。相続の範囲がどこまで広がるのか、血縁者ではないが故人と親しかった友人や知人に遺産を分割する必要性はあるか、そういった具体的な疑問が弁護士さんに相談する事で解決します。

また相続手続きの初期段階から話し合いに加わってもらえば、親族間が落ち着いた形で遺産問題の解決に取り掛かれます。お金というデリケートな問題を身内だけで進めると、後々面倒な対立になりかねませんから、客観的なプロに立ち会ってもらい、厳密に記録を残しながら話し合いをすれば、速やかに手続きが終えられるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です