相続の話し合いはなるべく早く弁護士に依頼したい

遺言書がなく、複数の相続人が財産をどのように分けるのかを話し合うことを遺産分割協議といいます。法定分割といって民法に定められた割合で財産を分割するのが基本ですが、相続人全員で話し合って合意すれば遺産分割の割合は自由に決められます。そしてこの遺産分割協議においてはしばしばトラブルが発生します。例えば長男と次男が遺産を相続する場合、民法に定められた割合は均一です。

しかしながら被相続人と同居していた長男はずっと介護していて何もしていない弟より遺産が多いのは当然と考えている。一方次男は同居できなかったため別に家を購入し住宅ローンで苦労することになり兄より遺産が少ないのは納得出来ない。このような場合、長男と次男の当人同士だけではなく配偶者の思惑も絡んできてしばしば感情的な紛争に発展してしまいます。そして調停や審判に移行した時になって初めて弁護士に依頼することが多いのですが、紛争を長期化させないためには適切ではありません。

大切なのは紛争とならないようにすることです。そのために初めの段階から弁護士にアドバイスしてもらいながら協議を進めていくことが適切です。刑事ドラマなどで初動捜査でつまずいたためにその後の捜査が難航するという話がでてきます。遺産分割協議もこれと同じで最初の対応が重要です。

遺産分割協議を速やかに進め紛争化させないためにも、相続が発生したら早い段階から弁護士に依頼してアドバイスを受けることをおすすめします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です