生前に相続をする方法を弁護士に聞いておく

相続の方法は、何も財産を持っている人が亡くなってからという限定条件がついているわけではありません。財産を所有している人が亡くなる前であっても、生前にきちんとした手続きをすれば相続をする事が出来るのです。基本的に、生前に自身が所有している財産を第三者に対して相続させるためには贈与という方法をとらなくてはいけません。贈与と言うのは、亡くなる人と財産を貰う人が契約をすることによって成立する手段の事を言います。

贈与そのものは法律によって認められている手段なので亡くなる前だけに限定されている手段ではありませんが、この方法を利用すれば亡くなった後に相続したのと同じ効果を付与することが出来る上に税金が安くなることがあります。詳しく贈与をするのならば、まず弁護士に説明を受けておかなくてはいけません。何故かというと、贈与の期間というのは時期を間違えれば贈与としての効果ではなくそのまま死後の相続として見なされてしまうことになるからです。そうなると、当然ながら弁護士の方も普通の税金の計算をしなくてはいけなくなります。

贈与を一般的な死後の継承と同じようにしたくないときには、少なくとも財産を所有している人が亡くなる前の3年前から財産を贈与しておかなくてはいけません。弁護士によってはもう少し前の期間を推奨することもありますが、贈与との関連性で生前と死後の期間が短いと法律的にも意味がなくなってしまうので、この点に関してだけは注意をしておく必要があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です