相続問題における弁護士の役割

相続は、故人が残した全ての財産を受け継ぐものですので、必ずしも利益が生じる財産だけとは限りません。故人が借金など負債を抱えていたような場合は、それも受け継ぐこととなるため、万一、利益のある財産を不利益な財産が上回ってしまうと損をしてしまう可能性があります。また家族だからといって、全ての人間が財産を受け継ぐことが出来るというわけではありません。遺言書が残されていたような場合は、限られた人間しか財産を受け継ぐことができないということもあるため、それ以外の人間の不満が生じることもあります。

このように相続には様々な問題が発生する可能性が高いため、専門的な知識が求められる場面も多々あり、弁護士が必要となってくるのです。こうした相続問題における弁護士の役割は、主に法的な手続きを行うことです。先述したように個人の財産の中に不利益な財産がある場合は、相続放棄や限定承認といった手続きが必要となります。また遺産分割において争いが生じてしまった場合には、その間に入って全ての相続人を納得させ、スムーズに遺産分割をまとめる代理人の役割を担います。

この際、話し合いがもつれ込んだ場合、遺産分割調停や審判といった法的手続きを行うのも弁護士となります。こうした問題は一生のうちに何度も起こることではありませんし、起きる前から準備をしているという方もそれほどいないはずです。そのような状況で1人の力で解決しようとすると時間も手間もかかってしまいますし、家族間に亀裂が生じる可能性もあります。それを避けるためにも無理をせずに困った時は弁護士を頼るようにしましょう。

広島で相続のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です