遺産相続においては注意点もある

遺産相続とは、亡くなった人の全財産をその配偶者や子供達等に分け与え、引き継がせることをいいます。金銭や物件に限らず、株式や骨董品などの物的資産もその対象となります。ですから、それらを相続人間で分け合って分配することになります。しかし遺産相続においては、注意するべき点もあります。

それは亡くなった人の遺産は、資産だけでなく借金がある場合もあるということです。しかも相続人の気づかないところで借金をしている場合もあるので、その点は十分に注意する必要があります。もし亡くなった人に負債があることを知らなかったとしても、単純承認をしてしまったら例外を除いてそういった借金も背負うことになります。よく亡くなった人に資産も膨大にあって借金も膨大にあり、どちらが多いのか分からない場合もあります。

その場合は限定承認をする方法があります。限定承認をすることによって、亡くなった方の資産の範囲内で負債を抱えるということになるので、仮に負債の額の方が大きかったとしても、損をするということはありません。しかし限定承認をするには、法定相続人全員の同意を必要とします。一人だけで限定承認をすることはできないので、気を付ける必要があります。

また明らかに亡くなった方の借金の額の方が大きい場合には、遺産相続をしても負債を抱えるだけです。その場合には相続放棄をするという手段があります。この相続放棄は、限定承認とは違って一人でも行えます。このように遺産相続をする場合には、気を付けるべき点もあるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です