遺産相続の相続税をきちんと支払う

遺産相続があったときにはそれによって生じる税金をきちんと納めなくてはいけません。相続税は支払わなくてはいけないものであるため、税金を支払わなかったときには後から脱税や追徴課税として余計なお金を支払わなくてはいけないようになることもあります。では、遺産相続で継承した財産には例外なく相続税の規定が適用されるのでしょうか。実は、そうではなく相続財産の中にも一部税金が免除されたり控除されたりするものが存在します。

基本的には、税金を納めることに関して公序良俗に反するものであったり倫理や道義に照らして納めることに反論があるようなものに関しては税金を支払う必要はありません。例えば、仏壇などは税金がかからない典型的なものです。本来、金などの資産価値があるものはたとえ他のモノとして作り変えられていたとしても金が含まれている限り税金の対象となるのですが、仏壇が金で作られていた場合には税金の対象とはなりません。これは、法律で認められていることです。

また、同じ理由で生命保険によってお金を得たときも一定の税金の控除を受けることが出来ます。相続税は支払わなくてはいけないものですが、その中にも例外は存在するということを知っておきましょう。遺産相続の場合は、特定の人物だけではなく家族全体で遺産を継承することもあります。実際に家族の共有財産となった場合にはどの部分で税金がかかるのかをしっかりと確認してから相続税を納めることが大事です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です