交通事故時に重宝する弁護士費用が出る金融商品

自動車交通事故のリスク回避商品として、金融機関である損害保険会社の自動車保険があります。単独の交通事故もあれば、複数当事者の交通事故もありますので、どちらの場合にも対応できる商品がほとんどです。複数当事者の場合には、互いの主張がしばしば食い違うことがあります。警察や金融機関である損害保険会社で解決すれば良いのですが、相手が保険に加入しておらず交渉が進まない、相手方が損害賠償請求に応じない、相手の損害賠償請求額がのめないなどの事故解決でこじれた場合は弁護士が必要になることがあります。

もし相談することになると着手金から始まり、仲裁、和解を代理し、調停まで持ち込まれることもしばしばありますので大多数の人たちにとってはとても払えない多額の費用にあり、泣き寝入りせざるをえなくなることもあります。そうしたリスクを避けるために「弁護士費用特約」を自動車保険に特約として付保することができます。弁護士費用が必要な場合は損害保険会社に請求をすれば、その費用をまかなうことができるとても便利なサービスです。損害保険会社によっては商品名が違うところもありますが、保障の内容は変わりません。

具体的には弁護士への相談料は10万円まで、弁護士費用は300万円まで自己負担無しで損害保険会社から支払われますが、もし損害保険会社からの支払いが無い、もしくは応じてもらえないなどの場合は金融庁へ相談することで解決をすることができるでしょう。広島で相続のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です