債務整理をしたいときの弁護士への依頼

債務整理は、多重債務などで借金の支払が難しくなってしまった場合に、こうした負債を清算して、再スタートを切るための方法のことをいいます。借金の支払いの見込み、裁判所のかかわりの有無などによって、同じ債務整理とはいっても、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産などの種類があり、それぞれにしくみが異なっているため、法律の専門家である弁護士に依頼することが必要となってきます。こうした場合の弁護士への依頼についてですが、まずは近くの法律事務所などにアポイントメントをとり、直接の面談による法律相談を受けるところからはじまります。法律相談は秘密厳守ですので、弁護士にはつつみかくさずに多重債務を負ってしまったいきさつ、現在までの返済状況、債権者の人数や金額、手持ちの収入や資産の状況と将来の見込みなどを話して、どのような種類の方法で生活再建をめざすのが適当かをアドバイスしてもらうことになります。

こうして方針が固まった場合には、弁護士に代理人となってもらうように契約を締結をして、はじめて債務整理の具体的な手続きがスタートすることになります。法律相談の費用そのものは数千円から数万円程度といったところですが、実際に手続きに入ると、着手金や報酬金といった費用が必要になってきます。いずれ問題が解決すれば余裕ができた資金のなかから報酬金などの支払いは可能とみられますが、当初の着手金などの必要経費が支払えないという場合は、そのことも弁護士に相談して、民事法律扶助などのしくみが使えないか検討してもらうとよいでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です