交通事故被害にあったら弁護士に相談しよう

弁護士というと自分とは関係ないと考えている人も多いのですが、生活の色々な場面で相談しておくと大きなトラブルを抱えずにすんだり金銭面でも得をすることもあります。特に交通事故被害にあった場合には弁護士に相談すると、より多くの賠償金をもらうことができます。交通事故などめったに遭う事がないので、賠償金には相場があってその額が支払われるだろうと思っている人もいますが、実は保険会社が提示してくる賠償金はかなり安い事が多いのです。何に比べて安いというのかというと、裁判に持ち込まれたケースで過去の判例です。

裁判で決められた賠償金は裁判所基準と呼ばれており、自賠責保険、任意保険の基準に比べると高く制定されています。それを知らずに保険会社の提示してきた金額をそのまま受け入れてしまうと、賠償額が少なくなるので治療や生活に支障をきたす場合もあります。保険会社が提示してきた金額に不満がある場合や、妥当だと思っても弁護士に相談するとより多くの金額を受け取れる事が多いのです。弁護士に相談した事がないのでどうしたら良いかわからないという人もいますが、電話で相談を受け付けているところもあります。

無料のところもあるので、まずはそういったところで相談してみると実際にどのくらい賠償額が受け取れるか大まかなところがわかるので良いでしょう。依頼したときにかかる費用も賠償金を受け取ってから支払えば良いので、費用の事は心配せずに相談ができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です